天神祭 2016 大阪 日程天神祭 花火天神祭 2016 花火天神祭 屋台天神祭 場所天神祭 2016 交通規制大阪 天神祭天神祭 日程天神祭 交通規制天神祭 船
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天神祭 2016 大阪 日程天神祭 2016 花火情報まとめ

天神祭 2016 大阪 日程天神祭 2016 花火情報はこちらでチェック!

天神祭 2016 大阪 場所

《場所》

大阪市北区桜之宮公園グランド、川崎公園(造幣局横)

 

《打上玉数》

約5,000発(予定)

 

《予想来場者数》

約125万人

 

《有料席》

なし(予定)

*船渡御の観覧会場はありますが花火は見れません

 

《その他》

個人で奉納花火を上げることができます。

【打ち上げ場所】天神祭奉納花火
大阪府大阪市都島区 / 川崎公園・桜之宮公園

●屋台

お祭りや花火大会での楽しみである 屋台や出店 は欠かせませんよね。

天神祭の屋台や出店は、24日(日)の宵宮と25日(月)の本宮の両日ともに出て賑わいます。

ただ、25日の天神祭の花火大会前後では人が殺到して楽しめない可能性がありますので、屋台を楽しみにしているのなら事前に天神祭の屋台情報も確認しておきたいです。

●ギャル神輿(みこし)

天神祭を盛り上げるための前イベントとして、天神祭宵宮の前日である毎年7月23日に神輿を女性が担いで、天神橋筋商店街を巡行する通称 ギャルみこし も有名で、天神祭の見どころのひとつです。

このギャルみこしは、参加資格が16歳から30歳までになり書類選考と面接審査まであって、楽しみにしている方も多いイベントになります。

天神祭の場所とアクセス

大阪の天神祭の場所は大阪天満宮が中心になって行われ、それぞれの行事によって会場は大阪天満宮一帯と天神橋や大川周辺になります。

ですので、会場へのアクセスは次の最寄駅を利用するといいです。

大阪天満宮の最寄駅】

地下鉄谷町線堺筋線南森町」駅
JR東西線大阪天満宮」駅

天神祭への行き方は、大阪天満宮周辺が目的地なら南森町駅や大阪天満宮駅が最寄り駅ですが、天神祭の花火大会が目的なら、JR桜ノ宮駅や京阪鉄道・大阪市営地下鉄天満橋駅が最寄り駅になるので、事前に確認してくださいね。

2016年 天神祭の奉納花火の日程と打ち上げ場所

 

日程:2016年 7/25 月曜日

時間:19時~21時頃まで

本宮である7月25日のフィナーレに行われます。

天気が荒れる場合は中止、延期はなし。

打ち上げ場所:大川沿いの川崎公園と桜宮公園の二箇所から打ち上げられます。

花火の数:約4000発

周辺はとても混雑しますが、様々な屋台が立ち並んでとても賑やかです。

人の流れに任せて川沿いをゆっくり食べ歩きするだけでも楽しいかも♪
天神祭の屋台の場所やまわり方は天神祭のついでに!隠れた穴場スポットでもまとめましたので、ぜひそちらもチェックしてみてください (^O^)

「あなたにおすすめの人気記事!」
天神祭のついでに!隠れた穴場スポット
混み合わない 天神祭花火大会へのアクセス方法!

花火会場に最も近い最寄り駅は、桜ノ宮駅天満橋駅です。
でも人混みを避けたい人に、この2駅は絶対おすすめしません!

どちらかの駅から降りて、もう片方の駅へ向かって川沿いの公園を歩くのが定番のルートです。

定番過ぎるルートなので、これ以上ないほどの大混雑になっちゃいます(゚A゚;)

 

因みに花火の打ち上げ会場からは少し離れた

 

南森町
大阪天満宮駅・
天満駅
大阪城北詰

も、お祭りの影響で非常に混雑しています。

 

花火だけを見に行く場合、少し離れた天神橋筋六丁目駅や京橋駅で降りて、歩いて向かう方がおすすめ!

ゆっくり歩いても20分ほどの距離なので、友達との会話や町並みを楽しんでいるうちに、あっという間に辿り着けますよ。